MENU

血栓症と関連の病気|高血圧症とは

血栓症

いま日本では高血圧の人が多いとされています。
血液は心臓から送り出されてますが、このとき動脈壁にあっかる圧力を血圧と言います。
最高血圧が130から140以上になると高血圧と診断されます。
血圧値は分かりづらいもので、検査や簡単な測定をしないとハッキリとは分かりません。

高血圧は静かに進行して命に関わる大病を引き起こすとも言われています。たとえば、心筋梗塞や脳卒中と関連しています。

 

高血圧の原因はいくつかありますが、血栓から高血圧を発症することもあります。
血栓ができるほど血管が圧迫されやすくなるので高血圧になりやすいと考えられます。
また、高血圧の原因が明確に判明していることはほとんどなく、特定しにくい本能性高血圧の人が多いと言われています。
自覚症状がほとんどないため、気付いたときには高血圧になっています。
この他に胃炎が関わる腎性高血圧症や、原発性アルドステロン症からくる内分泌高血圧症になることがあります。

 

高血圧症の症状や治療法など

血栓症と関連の病気|高血圧症とは

高血圧症になると、さまざまな症状が起こります。
頭痛やめまい、動悸、肩こり、むくみなど。これらの症状は、風邪などでも起こりえることであるため、高血圧症と自覚せずに見過ごしてしまうこともあるので注意しましょう。

 

また、高血圧症になる原因はいくつかあり、日常生活にもあるのでその要素を取り除くことが大切です。
まず、塩分の摂り過ぎが原因ですので、塩分の摂取量に気を付けて、余計な塩分を排出するカリウムは積極的に摂りましょう。
また、適度な有酸素運動などで予防できますが、すでに血圧が高いときには注意が必要です。同じように、温度差も体の負担になります。

 

もしも高血圧症と診断された場合には、適切な治療が必要です。
生活習慣の改善とともに、血圧を降下させる薬物療法を行います。