MENU

血栓対策・血液サラサラの有用成分

血栓症

最近、ドロドロ血液という言葉をよく耳にしますが、これは血液が不健康な状態をあらわしています。
健康な血液は水分が多く、余分な脂肪などを含んでいないのでサラサラとしています。
日ごろからサラサラ血液を維持することにより、血栓症などの病気を対策することができます。
そこで利用したいのが、サプリメントです。
サプリメント選びで失敗しないためにも、まずは有用成分を確認しておきましょう。

 

血液サラサラや血栓症の有用成分一覧

ナットウキナーゼ

血栓症

すでに血栓ができてしまったときにも有効な成分です。
納豆特有成分で、血栓を溶かしたり、血栓溶解酵素を活性化させる働きがあります。

 

オメガ3系脂肪酸(DHA、EPA、IPA、αリノレン酸など)

血栓症

青魚にも多く含まれるDHAやEPAは血液サラサラ成分の代名詞です。血小板の固まりを防いだり、血中の余計な脂肪を減らして血栓を防ぐことができます。
IPAという脂肪酸も生活習慣病対策に有効とされています。
αリノレン酸は体内でDHAやEPAなどに変換される特殊なオメガ3系脂肪酸です。

 

オレイン酸

血栓対策・血液サラサラの有用成分

オリーブオイルに多く含まれるもので、血中の悪玉コレステロールを減らして動脈硬化からくる心疾患の対策にもなります。

 

ビタミンE

血栓対策・血液サラサラの有用成分

抗酸化成分の代名詞で、過酸化脂質を分解する働きにより脳梗塞や血行障害を予防します。
さらに血管壁の細胞を強化するので、喫煙者やお酒をよく飲む方に必要な成分です。同じくビタミンCも不足しやすいので同時に摂るべきです。

 

コエンザイムQ10

血栓対策・血液サラサラの有用成分

コエンザイムQ10は補酵素の一種で、抗酸化作用に優れています。ビタミンEとの相性がよく、コレステロールが血管壁に付着しないように防いだり、血管壁を強化します。
もともと体内にある補酵素であるため、不足したときにも影響をおよぼします。

 

ポリフェノール・アントシアニン

血栓対策・血液サラサラの有用成分

ポリフェノールは抗酸化成分として強力な成分です。
優れた抗酸化力によって血小板の凝集を防ぎ、同時に毛細血管の流れを良くすることができます。
アントシアニンも同様にポリフェノールの一種で、毛細血管を守り、血栓を防ぐ働きに期待できます。
また、抗酸化作用はDHAやEPAの酸化を防ぐ効果もあります。

 

レシチン

血栓対策・血液サラサラの有用成分

卵に含まれる成分の一種で、悪玉コレステロールが血管壁に沈着しないようにし、さらに血栓を溶かして血液の流れを良くする働きがあります。
肝臓に溜まる脂肪を抑える作用も持ち合わせています。

 

ルチン

血栓対策・血液サラサラの有用成分

ルチンはアスパラガスにも含まれていて、毛細血管を強化し、脳卒中や高血圧の予防にも有効と言われています。

 

 

 

ピラジン

血栓対策・血液サラサラの有用成分

ピーマンなどに含まれる成分で血栓対策の有用成分とされています。
血小板の凝集を抑えることができるので、血液をサラサラにしてくれます。

 

硫化アリル

血栓対策・血液サラサラの有用成分

硫化アリルはにんにくなどに含まれる成分で、血液の凝固を遅らせる働きがあるので血液サラサラに良いと言われています。
さらに血中の脂質を減らし、糖尿病や高血圧、動脈硬化といった生活習慣病対策にもなります。

 

紅参

血栓対策・血液サラサラの有用成分

生薬としても定番の高麗人参の種類の中で品質のいいものです。
摂取すると悪玉コレステロールが減り、脂質やコレステロールが血管壁に付着しないようにできます。
同時に血行を良くする働きもあります。

 

霊芝

血栓対策・血液サラサラの有用成分

高麗人参などと同様に漢方などにも用いられる素材です。
キノコの一種であり、血糖値の調節や血圧を下げる作用、血栓を防ぐ働きがあります。さらに、免疫力アップ効果も期待できます。

 

ルンブルクスルベルス

血栓対策・血液サラサラの有用成分

あまり聞きなれませんが、これは赤ミミズの学名です。ミミズと聞くと抵抗があるかもしれませんが、その中に含まれるルンブルキナーゼという成分が血栓を溶かす働きがあり、血栓を作るフィブリンにも直接働きかけます。また、副作用はありません。また、副作用はありません。