MENU

血栓症の薬物療法

血栓症

病院で検査を受け、血栓症が判明した場合、すぐにでも治療が行われます。
このとき、一般的に薬物療法を用いります。その際に利用する薬は、大きく分けて「抗凝固薬・抗血小板薬・血栓溶解薬」という3タイプがあります。
現在の状態に合わせて、医師が処方します。

 

抗凝固薬とは

血栓症の薬物療法

血液の凝固を抑える働きのある薬全般のことです。
薬剤には、「ワルファリン・へバリン・低分子へバリン・アルガトロバン」といった種類があります。
具体的な作用には違いがありますが、血液を固めるビタミンKの働きを抑える作用や、血液を固まりにくくする効果、血中の凝固因子を抑えるアンチトロビンIIIを活性化させるなどの働きがそれぞれにあります。
中でもワルファリンが有名で、こちらは内服薬です。作用が安定するまで少し時間がかかりますが、一般的なお薬です。
一方でヘバリンは即効性があるものの血管投与が必要になります。

抗血小板薬とは

血栓症の薬物療法

文字通り、血小板を抑える働きがある薬全般をあします。
薬剤には「アスピリン・チクロピジン・シロスタゾール」といった種類があります。
血小板は赤血球よりはるかに小さい分子をしていて血中の物質の受容体と薄日着くことで、複雑に反応し、活発になります。
血小板には傷ついた血管にアプローチするのですが、このとき血栓を作ります。
一般的なアスピリンには血小板の働きが活性しないように作用し、血栓症を防ぎます。
また、近年は新たな研究も行われているので今後の研究にも注目です。

血栓溶解薬とは

血栓症の薬物療法

できてしまった血栓そのものを溶かす働きがある薬えす。発症して早急に治療薬を飲み始めた方が効果的です。
必要な血栓にまで働きかけてしまう恐れもあるので、慎重に服用するべき薬です。
薬剤には「組織プラスミノーゲン活性化因子・ウロキナーゼ・ストレプトキナーゼ」という種類があります。
組織プラスミノーゲン活性化因子では、プラスミノーゲンという成分が血栓溶解酵素に変化する作用を活性化させてくれます。安全性の高い薬で、フィブリンの親和性も高いです。
ウロキナーゼは、人の尿から抽出された薬剤でフィブリンへの親和性は低いのですが、循環血液中でプラスミノーゲンをプラスミンに変化させてくれます。つまり溶解酵素を作るサポートです。
ストレプトキナーゼは、プラスミノーゲンやプラスミンと結合し、フィブリンを分解する効果があります。

 

以上のように、血栓症に使われる薬には種類があります。
自身の状態などに合わせて医師が処方しますが、薬には副作用があります。
副作用のリスクを知り、お医者さんとよく相談して薬を服用してください。
また、体質によっては思わぬ症状が出ることもあります。
今の時点で、下痢や吐き気、蕁麻疹、肝機能障害などの恐れがあります。
そして、薬の飲みあわせが悪いものも多いので、現在服用中の薬やサプリメントは必ずお医者さんに伝えてください。

 

また、食生活にも注意が必要です。
抗凝固薬を服用しているときには、ビタミンAやビタミンE、ビタミン、クロレラなどを含む食材はよくありません。