MENU

血栓症の検査

血栓症

血栓症は、放置すると当然ですが体によくありません。
早期発見そして早期治療が重要になりますが、残念ながら自覚症状が乏しい病気です。
血管の中を自分でのぞくことができませんから、いつの間にか進行したり、血栓ができているのが実情です。
活き活きとした日々を送るためにも、定期的に血栓症の検査を受けてみてはいかがでしょうか。
1年に1回、同じ時期に同じ方法で検査すると、変化も分かりやすくなります。

 

血栓症の検査方法には、簡単な検査から、数日入院して徹底して調べる方法もあります。

 

簡単な検査方法

血圧測定

血栓症の検査

血圧と血栓は関連しているため、断定はできませんが血栓ができやすい状態などを確認できます。
とくに高血圧の方は、血栓症を起こしている疑いが濃厚になります。

血液検査

血栓症の検査

血液検査にはいくつか項目がありますが、血栓に関連しているのが「FDP値」です。
FDP値が高いほど血栓ができやすい状態です。また、血液検査でコレステロールや脂肪が多い場合はドロドロ血液と診断され、この場合も血栓症のリスクがあります。

脳波検査

血栓症

東部に電極をつけて行う検査法で、脳の働きを調べます。
脳動脈硬化症や脳血管疾患など、脳の疾患にフォーカスして調べられます。

超音波検査

血栓症

高い周波数の音波を臓器に送り、跳ね返ってくる反射波を診断し、心臓や腹部などの検査を行います。
放射能や造影剤を使わないので妊娠中でも検査できます。

心電図検査

血栓症の検査

胸部や両手足首に電極をつけて心臓が筋肉の収縮で血液を送り出すときに生まれる電流を調べます。不整脈や強心新、心筋梗塞といった心臓に関わる病気の検査になります。

具体的に調べる検査方法

CT

血栓症の検査

X腺で調べる検査です。体を輪切りしたかのように断片したような部分を確認できます。
この際に造影剤を用いて脳血流を調べるCTAという方法もあります。
症状が出にくいとされる脳梗塞や脳動脈瘤の診断に役立ちます。

MRI

血栓症の検査

MRIでは円筒状の装置で時期をあて血管内や臓器、組織の状態をすべて調べられます。また、血液の流れを調べるMRA検査という方法もあります。

血管造影検査

血栓症の検査

大腿部からカテーテルを挿入し、血管の状態をX腺で連写する方法です。

心臓カテーテル

血栓症の検査

局所麻酔が必要な検査方法ですが、心臓の状態を撮影することができます。
ひじまたは腕、足の付け根などからカテーテルを挿入します。