MENU

血栓を放置すると…

血栓症

 

「血栓や血栓症が健康に悪いことは分かるけど、どのように体に影響するのかイマイチ分からない」

 

今こそ、血栓の怖さを再確認するべき時です!

 

最近、このような症状を感じていませんが?

忙しくて疲労がたまる、疲れやすい
足のむくみがひどい

どちらも頑張り過ぎたり、年齢的に起こることもあります。
「疲れやすいのは年のせいかなぁ」と軽視していると、危ないかもしれません。
実は、これらの症状は血栓が関連する症状でもあるからです。

 

私自身、下半身がむくみやすいタイプでした。
女ですし、体質のせいかなと思っていました。しかし、パンパンに張っていると重だるいので、改善したいと思いネットで色々調べてみたら、「下肢静脈瘤」という病気を知りました。

 

下肢静脈瘤は、むくみが続いて足の血管がボコボコになることで起こる病気です。
そして、血栓と関連しています。

 

年齢も関係はしていますが、不規則な生活こそが血栓症の原因です。
たとえば・・・

  • タバコを吸う
  • お酒をよく飲む
  • 食生活が乱れている
  • 運動不足

このような生活が、血栓症を助長させています…。

 

血栓症は血管の中に、血液の塊ができている状態です。
たとえば、水を出しているホースの途中部分を指でつまむと、水が流れなくなり、流れている部分からつまんでいる部分までは圧迫されますよね。
これと同じような状況が血管内で作られてしまいます。

 

そして血栓ができ、そのまま放置していると、さまざまな病気を引き起こします。
血栓症自体が病気ですが、そこから、高血圧や下肢静脈瘤、腹部動脈瘤、そして脳梗塞や心筋梗塞など命にも関わる病気の元になりかねません。