MENU

血栓症と関連の病気|腹部動脈瘤とは

血栓症

 

腹部動脈瘤とは、お腹を通っている大動脈にコブができる病気んことで、動脈壁の弱った部分が圧迫されてしまいます。
そして破裂した場合、死のリスクがあります。確率では50%が命を落とすと言われているほど危険な状態です。

 

動脈瘤は胸部にできることもあり、この場合は胸部大動脈瘤と言います。
どこにでもできるものですが、腹部にできやすいとされています。

 

そして、コブができてしまうと簡単に取り除くことができず、手術が必要になります。
手術を必要としない軽度の場合にでも、破裂を防ぐために日常生活を慎重に送らなければなりません。

 

現時点でも腹部動脈瘤の原因は明確になっておらず、仮説として遺伝的要素や環境因子、免疫力の低下などが関係していると言われています。
そして、動脈瘤は動脈硬化が原因で起こることも多いとされています。
つまり、動脈硬化を起こす原因が腹部動脈瘤の要因になることがあります。

 

腹部動脈瘤の症状や治療法など

血栓症と関連の病気|腹部動脈瘤とは

腹部動脈瘤は決して軽い病気ではなく深刻な状態ですが、残念なことに初期段階では症状が分かりにくいとされています。むしろ、無症状の場合が多く、気付いた頃には進行し、あるいは破裂に陥ることもあります。

 

万一、破裂してしまうとかなり重症で呼吸困難や激しい痛みを感じ、意識障害を起こして命を落とすことがあります。
背中に突き刺すような痛みが走る症状があるので、その場合は早めに専門の病院で調べましょう。

 

そして、なるべく予防することを意識してください。
動脈硬化などが関連していることから、常に血管や血液の健康を意識してみましょう。
血栓ができないように行う予防策と同様の方法が予防につながります。
それからタバコや過度のアルコールも控えてください。

 

もしも腹部動脈瘤ができたときには、コブのサイズによって治療法が異なります。
初期状態で5cm未満なら降圧剤などでの治療が可能ですが、それ以上に膨れ上がっているときには取り除く手術が必要になります。
手術ではカテーテルを用いて、動脈瘤の内側にステント移植を挿入します。