MENU

血栓症と関連の病気|脳梗塞とは

血栓症

血栓症の関連の病気として、もっとも深刻な病気のひとつが脳疾患です。
脳梗塞は高齢者に追いと言われていますが、脳血管が詰まると酸素や栄養が供給されず脳細胞が死滅して、脳梗塞を起こしてしまいます。
そして、脳卒中になる可能性も高くなります。

 

脳梗塞にはタイプがあり、その一つ血栓と関係しています。
脳血管内に血の塊ができた状態が脳血栓と言います。もう一方は、脳血管を防ぐ脳塞栓です。
原因としては、コレステロールなどの余計な成分が脳血管内に溜まり、血小板が集まって起こることがあります。
他にも、アテローム血栓性梗塞といって脳血管が血小板で防がれる場合と、心源性塞栓症という心臓内の血栓が脳血管をふさいで起こることもあります。
また、脳血管内の動脈硬化から起こるのが、ラクナ梗塞と言います。

 

まとめると、血栓や動脈硬化から血管が狭くなることにより脳梗塞が起こってしまいます。
最終的に脳出血などを起こして命に関わることもあります。また、合併症を起こす恐れもあります。
そして、脳細胞は死滅すると回復しないため、何らかの後遺症が残ることもよくあります。

 

脳梗塞の症状や治療法とは

血栓症と関連の病気|脳梗塞とは

脳梗塞になると、TIAという一過性脳虚血発作が前触れとして起こることがあります。
このような症状が出たときにはすぐにでも病院で診てもらいましょう。

 

また、病気が進んだときには、物忘れや手足の痺れ、感覚障害、意識障害、運動障害、言語障害といった症状があらわれます。
また、体の片側だけがマヒしたり、片方だけに違和感があることもあります。

 

他にも、ろれつがまわらない、耳鳴り・めまい、立ちくらみといった症状も出ます。
このような症状が出たときには進行していることも多いので、早期発見のためには定期検診やあらかじめ予防することが大切です。

 

とくに高血圧や糖尿病、心臓病を患っている方や、血中のコレステロール・中性脂肪値が高い方はリスクが高いです。
早めに生活を見直すなどして予防してください。

 

もしも脳梗塞が起きた場合、早期発見できたときには血流を再開させる治療があります。
また、手術法尾もあり、血栓内膜剥離術やバイパス手術を行うケースもあります。