MENU

血栓症は早期発見が重要

血栓症

血栓症は放置していると良いことはありません。

 

血管内にできた血栓は血液の流れを断ち切るため、各組織が必要な栄養や酸素が供給されなくなります。その結果、各組織でトラブルを起こします。

 

血液は赤血球や白血球、そして血小板で構成されています。血小板はタンパク質や脂質、ミネラルなどできていて血球の働きを助ける役割があります。
体の中を流れている血液は体重のおおよそ8%ほどとされていて、とても重要な存在です。

 

血管はすべてをつなげると約9万qになると言われていて、そのどこかに血栓ができたとき、何らかのトラブルが起こります。
水が放出されているホースの途中を指でつまんでいるような状態になり、想像するのも容易かと思いますが、深刻な症状を前触れでもあります。

 

日本人の死亡率を見てみると、第一位がガンですが、それに次いで「心疾患」「脳疾患」があげられます。
どちらも、血栓症と関わりのある病気です。
脳に血栓ができてしまうと脳梗塞や脳卒中に、心臓付近に血栓ができたときには狭心症や心筋梗塞などを引き起こす恐れがあります。
とくに40代以上の方は、血栓症関連で亡くなられる方が多く、高齢になるほどその割合が高くなります。

 

また、血栓症が間接的に死に至る病気を招くこともあります。
血栓ができているときは血液状態が悪いので、糖尿病や腎臓病、肝臓病、肺気腫などが起きている可能性も疑えます。
血栓症は一般的に軽い病気と思われていますが、非常に深刻な状態です。

 

血栓症が招く病気のリスクを考えると、早期発見と早期治療がカギになります。
しかし、血栓症ができても自覚症状がほぼなく知らずのうちに進行して、気付いたときには後遺症が残る病気を発症したり、命に関わることもあります。

 

ですから、定期的に健診を受けることも大切ですし、あらかじめ予防することが最も大切です。
たとえば、静脈血栓症を起こしたとき、下肢のむくみや色素沈着、皮膚炎といった症状が出て後遺症が残ることもあります。進行したとき効果的な治療法がないとも言われています。

 

重篤な病気につながる恐れがありますので、普段から生活を見直して予防を意識してください。
血栓ができないように血液サラサラを保つ、血栓を溶かす成分を取り入れるなどの工夫が必要です。