MENU

血栓症と関連の病気|心筋梗塞とは

血栓症

脳梗塞と同様に、血栓症関連の病気として怖いのが心筋梗塞です。

 

脳梗塞の心臓バージョンで、心臓の血管が詰まって梗塞状態になることで起こります。

 

心筋に血液が流れなくなると、心臓から各組織に届けるための血液の流れも悪くなります。そこに重要な冠動脈が詰まることにより、動脈硬化が進んで血栓ができます。
そして心筋梗塞を起こし、血液が届かない心筋の部分が壊死すると心臓の収縮・拡張活動が行われなくなり、命に関わる重篤な状態を引き起こしてしまいます。
割合的にみると心筋梗塞は60代以上の男性に多いのですが、最近の暮らしは動脈硬化や血栓ができやすいので注意が必要です。
また、高齢者の場合はほとんど症状が見られず、無痛性心筋梗塞を起こすことが何より怖いものです。
心筋梗塞になると、約3〜4割の方が死に至ると言われています。しかも発症からわずか2時間以内に死亡する例が半数を占めています。

 

心筋梗塞の症状や治療法など

血栓症と関連の病気|心筋梗塞とは

心筋梗塞は命に関わる重篤な病気ですので早期発見と早期治療が重要です。
主な症状としては、やはり胸に痛みを感じます。

胸痛の具合は個人差がありますが、ほとんどの場合、発作的に起きたときには激しい痛みに見舞われます。
また、腹部や背中、後頭部などに痛みが出ることもあります。
他にも吐き気やむかつき、怠いなどの症状が続いたときには心筋梗塞が疑えます。

 

心筋梗塞を起こす主な原因は血液の健康状態にあるので、サラサラ血液を意識して血栓を作らないように健康的な血液状態を保つことが重要になります。
糖分や脂肪、塩分の摂り過ぎなどに気を付け、適度な運動を習慣にしましょう。ストレスも影響するため、発散するようにしてください。
喫煙も大きな影響を与えるので、タバコはおすすめできません。禁煙をおすすめします。

 

もし心筋梗塞になったときには、そのステージに応じて治療が行われます。
血栓溶解療法を行うこともありますが、手術などもあります。カテーテルを用いた手術法や冠動脈形成手術、バイパス手術など、状態に応じて手術が行われます。
その後、リハビリなどを行い、体を整えていきます。